眼の疾患予防にも

眼の疾患予防にも

眼の酸素が不足すると、どのようなことが起こるのでしょうか?
その答えは、眼における酸素の役割を知ることによって明らかになります。
私たちの眼は、角膜が透明であることによって物体の像を捉えることが出来ます。
もし角膜が濁ってしまうと、失明の可能性が高まってしまうのです。

 

 

 

角膜を構成する角膜内皮細胞という細胞によって、私たちの角膜は眼は透明に保たれています。
角膜内皮細胞は目に溜まった余分な水分を押し出して角膜が濁らないようにしているのです。
角膜内皮細胞の活躍を支えているのが酸素です。
酸素が不足してしまうと角膜内皮細胞が減少します。
角膜内皮細胞は再生するのが難しいので、酸素の不足は眼にとって大きな脅威となるのです。
眼の酸素を奪う原因として有名なのがコンタクトレンズです。
質の悪い製品を選ぶ、もしくは誤った使い方をすると角膜内皮細胞が死滅してしまうのです。
コンタクトを正しく使用することももちろん大切ですが、身体の内側から目をケアしてあげることも角膜内皮細胞を守るうえで有効な手段といえます。
酸素吸入などの方法もありますが、オススメなのは酸素カプセルです。
酸素カプセルとは、カプセル内の空気を圧縮することで普段よりも多くの酸素を取り込むことを可能とした装置です。
量だけでなく供給される酸素の質にも変化が見られます。
眼のような末端部位に対して、通常の酸素はサイズが大きいためなかなか実際の酸素吸収量が増えない傾向にあります。
しかし、酸素カプセルを利用することで毛細血管にも浸透しやすい溶解型酸素を身体に取り込めるのです。
いつまでも健康な眼を保ちたいという方は、酸素カプセルを利用しましょう。


このページの先頭へ戻る