血行促進で全身が健康に

血行促進で全身が健康に

長時間同じ姿勢をとらなければいけないような仕事をしていると、肩や腰に張りを覚えることがあります。
同じ姿勢でいることは身体にとって良くないのです。
眼についても同様のことがいえます。
コンピュータや書類と格闘することが多い人は特に注意しましょう。
眼を使い続けていると疲れが溜まります。
いわゆる眼精疲労というものです。
眼精疲労は頭痛や首、肩の張りを引き起こします。
酷いときは吐き気やめまいといった症状も現れます。
眼を使いすぎると目の付近にある毛細血管の血行が悪化するのです。
血液は全身を巡っていますから一部でも血の巡りが悪くなると、その悪影響は身体全体へ広がっていくのです。
眼精疲労が悪化したときに大切なのは、眼だけの問題として捉えないことです。
ご説明したように眼から始まった血行の悪化は全身に悪影響を及ぼしているため、マッサージなどで目の血行だけを改善したとしても、他の部位が良くなるまでに時間がかかってしまいます。
眼の疲れはとれたけど、肩こりは治らない。
一部だけ血行を促進したときには、こういった状況に陥りがちです。
眼だけでなく全身の血行を1度に促進することが出来れば、こうした問題に悩まされる必要はありません。
そのためにご利用していただきたいのが酸素カプセルになります。

酸素カプセルで数分間過ごすことで血液の中に質の高い酸素を取り込むことが可能なのです。
酸素カプセルによって取り入れられた酸素は毛細血管まで行き届きますから、眼の疲労も自然と改善されます。
目が疲れてきたと感じたときには、是非酸素カプセルで血の巡りを促進しましょう。
 


このページの先頭へ戻る