健康な眼を支える酸素カプセル

眼の疲労感はどこからくる?

学生時代は視力が良かったけど、仕事を始めてから急激に眼が悪くなってしまった。
こういった症状にお悩みの方も多いことでしょう。

 

 

 

集中して仕事をしているときは、眼に疲れが溜まりやすくなります。
眼は筋肉の塊です。
長い距離をランニングしていると脚の金に行くが疲れてしまうのと同様に、集中して眼を使っていれば目の筋肉にも負荷がかかるのです。
目薬を差しても、眼の疲れが一時的に消えるだけです。
眼が疲れてくると、集中力が低下します。
仕事でのミスも増えますし、眉間にしわを寄せたような表情をすることが多くなります。
また、私たちの身体は皮膚や血管で全身が繋がっています。
眼の疲れを放置することで他の場所にも悪影響を与えてしまうのです。
肩こりや頭皮の硬化がその例といえます。
こうした症状を引き金に疲れが全身を駆け巡り、疲れの取れない身体を形成するのです。
眼を疲れさせる原因の筆頭として挙げられるのが酸素不足です。
酸素は私たちの身体が活動する際に欠かせないエネルギー。
この点は皆さんもご承知の通りです。
デスクワークや集中力が必要な作業を仕事にしている皆さんは、日頃から目を酷使しています。
そういった方は、眼が酸素不足になりがちです。
酸素を効率的に補給することで、眼の疲れを取りたい。

そんなときには酸素カプセルを利用してみましょう。
酸素カプセルとは、普段の呼吸よりも質の高い酸素を吸入出来る装置のことをいいます。
眼が酸素不足になることで起きる症状と酸素カプセルを利用するメリットについて詳しく見ていきましょう。

視力回復の契機に

自分の家系は代々目が悪いから、自分もそのうち視力が下がるだろう。
このような勘違いをしている人は今すぐ改めてください。
確かに、視力は遺伝の影響が大きい部位です。
しかし、遺伝によってすべてが決まるわけではありません。
両親は視力が良くても、子供はメガネをかけているという家庭も少なくないのです。
視力は遺伝的要素だけでなく、環境によっても大きく変化します。
環境によって生まれるのが、酸素の量です。
酸素は、私たちが身体を動かす度に消費されていきます。
皆さんは自分が1日でどれくらいまばたきをしているか数えてことがありますか?
成人男性であれば、5分間で100回ほどが平均的なまばたきの回数になります。
精神に負担がかかっているほど回数は多くなるため、ストレスを感じやすい人の場合はさらにまばたきの数は増加するのです。
まばたきは、眼の運動です。
運動する回数が増えるほど酸素も大量に消費されます。
また、パソコンや書類を集中して見つめていると目が表面から乾いてしまいます。
こうした状況においても眼から酸素は奪われているのです。
酸素が奪われた眼は角膜にある細胞の老化が促進されます。

酸素をきちんと補給してあげないと、眼の老化とともに視力の悪化が進むのです。
酸素カプセルを用いることで血液中へ効率的に酸素を運ぶことが出来ます。
ヘモグロビンという物質と強く結びつき、眼のような末端部位にも素早く酸素が供給されるようになるのです。
栄養は酸素とともに運ばれます。
眼に良いとされている栄養を含んだ健康食品を食べようと考えている方は、酸素カプセルを併用して効率的に栄養を眼に届けましょう。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る